旬のしらべ

防火地域に建つ木造の準耐火建物です。
屋根、外壁共にガルバリウム鋼板仕上です。

街行く人の視線をさけるため、太陽の光を浴びるために
2階リビングのプランにしました。

趣味の工作スペースともなる広い玄関です。
土間は炭入りのモルタル仕上げ、玄関の柱は桧の7寸(21cm)角です。

1階中央の玄関にエアコンを設置して冬はこれ1台で全館暖房する計画です。
天井に見えるスノコと階段から暖気が家の隅々まで届きます。

準耐火の制約(木の階段は6cm以上の木材)を逆手に取り、太い桁と段板をスッキリとデザイン。
縦格子も階段を固定する補助的な構造材です。

2階は広々としたワンルームのLDKです。

床と天井を杉板で仕上げて連続感を表現しています。

手前はダイニング、中央はスタディコーナー、奥はリビングです。

勾配天井の広がり感があるリビングですが落ち着いてくつろげるように、
動線の袋小路に配置しました。

中央の階段の裏にパントリーとトイレを配置した回遊動線のプランです。

ロフトのエアコンは夏用です。
すのこ床から2階へ、階段から1階まで冷気が行き渡るように計画しています。

袖壁で領域をあいまいに区切り、
家の中に程良い距離感が感じられます。

スタディコーナーです。部分的に杉板を張り、落ち着いて勉強できるようにしました。
ここは玄関上部にあり、玄関の冬用エアコンの暖気がスノコを通して上がってきます。

窓の高さを工夫してベンチをしつらえました。

防火地域の木造には100u以下という面積制限があるので、
高さ方向に広がり感を求め、小ささを感じさせない住まいとなりました。

キッチンは現場造作で作りました。
シナの共芯合板なので木口がきれいです。

暖まった空気は軽くなって上方へ向かいます。北面のハイサイドライトから換気して、
夏季のエアコン稼働期間の短縮を目指しました。

緑は目にも心にも優しいです。お隣の緑をちょいと拝借。「休む」という字は人偏に木と書きます。
人はやはり木の家で休むものなんやと、家造りをしていてそう思います。『自然とは自ずから然り・・・。』

2階の洗面コーナーです。IKEAのキャビネットを利用しています。

1階の洗面所。洗面化粧台は造作し、室内干し用の物干し竿は昇降します。

1階の寝室。線を消去する方向で設計するとスッキリした室内となりました。