陽の樹の家
【 陽の樹の家 】工事日記 2021/12/24〜

「 陽の樹の家 」

大きな樹の下で木漏れ陽を感じながら過ごすように。
大きな樹の下の木陰で友達と集まって語らうように。

キラキラ輝く陽の光と
サラサラ吹く心地好い風
それらを感じながら、ゆるりと生活できる。

そんな大きな樹のような家となるように 誠意取り組んでいきます。

敷地はご主人のご実家の隣にある畑です。
外観は1階部分を焼き板・2階部分にカラーモルタル塗りを選ばれ、
落ち着きがあり隣に建つご実家とも調和の取れた外観となりました。

南に面してLDKと和室が並び、明るい空間となりました。

和室の障子は引き込めるので、障子を明け放すと
伸び伸びとした空間になります。

以降は工事日記です。上が最新ですので、下から上へご覧下さい。▼ ページ下へ
2022/6/28

昨日の型取られた下地が壁に…。
何やら周囲の石膏ボードとは違う、グレーがかった色の下地ですね…。
乞うご期待です^^

2022/6/27

何やら曲線の下地が型取られていますが…。
これは一体…??

2022/6/23

引き続き和室の造作です。
押入が出来上がっていますね^^
棟梁は和室丸窓用の障子の付鴨居・付敷居を取り付けています。

さてさて。
丸窓の障子は丸なのでしょうか?四角なのでしょうか?
後日お楽しみに♪

2022/6/20

棟梁が和室押入の造作に入っています。
リビング-和室間の障子は3枚引込になっているので、方立を建てたり敷居鴨居を先に取り付けたりとなかなかの仕事量になりますが、各部綺麗に納めてくれています。

2022/6/20

2階は吊天井の天井地が出来ています。
屋根の裏側が見えている状態と比べるとグググッと天井が迫っているように見えます。
吊天井とする場合、勾配天井の場合と比較すると、部屋の体積が減るため空調の効きは良くなります。
建築は取捨選択の連続ですが、メリットとデメリットをしっかり説明した上で提案選択して頂けるように日々努力しております。

2022/6/15

ユニットバスの施工が完了しました。
陽の樹の家ではタカラのレラージュを選択されています。
天井の穴には浴室乾燥暖房機が入ります。

2022/6/11

階段を取付けました。

2022/6/7

2階の床も全て張り終えました。
床の全貌が見れるのは養生を上げてからになるのでお楽しみに!

2022/6/3

室内では1階の床を張りだしました。
写真はLDKの床で、杉の上小節〜無節です。
杉には赤身と白太がありますが、棟梁が床板を1枚ずつ選って白太の床板のみでLDKの床が構成されるように施工しています。

2022/5/28

2階外壁部分はラス板の上に防水紙・ラスを張り、下塗りをしてもらいました。

2022/5/26

1階の外壁に焼き板を張っています。
今回は中本造林の浮造り塗装2号の幅135mmです。
普段使っている150mmよりも幅が狭い物を採用したので、必然的に釘の留付け間隔が狭くなり、経年変化による焼き板の反りも抑えられます。

2022/5/21

2階部分の外壁にはラス板を張っています。
ラス板を取り付ける為に2階外壁部分の胴縁は縦張りになっています。

2022/5/20

サッシを全て取付けました。サッシはYKKのAPW330です。
また、外周部には胴縁を取り付けています。
1階部分は焼き板の縦張り仕上、2階はカラーモルタル塗り仕上なので胴縁を張る方向が途中で変わっています。

2022/5/18

外周部では断熱材の上に透湿防水シートを張っています。
この面が防水層になる為、穴は切れ目が無い様に慎重に張っています。

2022/5/17

瓦屋さんが屋根を葺いています。
瓦は平板瓦です。瓦のラインが通り、スッキリして綺麗な仕上がりになります。

2022/5/17

外壁の窓廻りや見切り・水切りが入る箇所に下地を入れ、断熱材のネオマフォームを張りました。
陽の樹の家もですが、弊社の物件では主に外断熱を採用しています。
この時期ですと、工事中の現場の中に入ると外気との温度差に驚きます。
後日温度を実測してレポートしたいと思います。

2022/5/15

屋根パネルが敷設出来ているので瓦屋さんに前倒しで来ていただき、屋根にルーフィングを貼ってもらいました。

2022/5/15

基本的に耐力壁には筋交いを使用していますが、必要な箇所には構造用合板で耐力壁を構成しています。
写真はMクロスという商品で構造用合板の上に紙が貼ってあり、この上に直接クロス等を施工出来ます。

2022/5/15

構造用金物を取り付けています。
写真はホールダウンという金物で、引抜力が大きく掛かる柱に取り付けます。

2022/5/14

作業はとてもスムーズに進み、1日で屋根パネルも敷設完了しました。
屋根パネルは野地板・垂木・断熱材・天井板をパネル化したものです。
事前に製作する事で、上棟の次の日には野地・天井張り工事まで完了します。

2022/5/14

天気に悩まされましたが、無事予定通りに上棟しました!
雨に降られることもなく快適な上棟日和となりました。

2022/5/2

床合板の上に雨対策としてシートを貼り、その上から更にブルーシートで養生をしています。

2022/5/2

木材の関係で日が空きましたが、構造材が揃って棟上げの段取りが組めたので、床下の先行配管、土台、基礎断熱、1階床合板を敷設しました。

2022/2/18

基礎立上りのコンクリートを打設し、脱型をしました。
各所、設計図通りの仕上がりになっています。

2022/2/14

ベースコンクリートが固まり、立上りの型枠を組み立てています。

2022/2/12

ベースコンクリート打設の様子です。
ポンプ車でコンクリートを入れ、既定の高さになるよう均等に押えています。

2022/2/7

基礎配筋が完了しました。
鉄筋が設計図通りの種類・形状・数量で組めているか確認しました。

2022/2/1

基礎工事着工です!
地盤改良工事で荒れた箇所を整地し、基礎の形状に合わせて掘削、シートを張ってから周囲に捨てコンクリートを打設しています。

2022/1/31

地盤改良工事の様子です。
地盤調査の結果に従い、建物の四隅や重要な箇所等の下に支持地盤までコンクリートの柱を作り、建物が沈下しないようにします。

2022/1/24

敷地周辺は大雨の際に水が上がってくる為、設計GLを上げています。
地盤改良前に地上げをし、改良体がしっかり施工出来るようにしています。

2021/12/24

「陽の樹の家」着工です!
畑を囲っていたカイヅカイブキや納屋・カーポートを解体し、畑を整地しています。